October 11, 2017

The Japanese and the Whales/日本人と鯨(くじら、クジラ)

In Japan, whaling dates back to 8,000 years ago, in the Jomon period. The Japanese have loved, worshiped, and consumed whales ever since.
日本では、捕鯨は縄文時代の8,000年前にさかのぼり、以来、日本人は鯨を愛し、崇拝し、消費してきました。
 
In Japan, it is said that "kujira wa suteru tokoro ga nai", which means, "a whale has no portion to dispose of". In Japan, no part of a whale has been wasted. In 1832, a book titled, Geiniku Chomi Kata (Whale Meat Seasoning Methods), was published, which explains how to cook about 70 different regions of a whale.
日本では、「鯨は捨てるところがない」と言われます。日本では、鯨のどの部分も無駄にせず消費されてきました。1832年には、鯨の70ほどの部位の調理方法を説明する「鯨肉調味方」(げいにくちょうみかた)という本が出版されました。
 
 
 
Photos of all pages of this book can be found here.
この本の全ページの写真はここから見られます。
 
It's a fact of life that we need to sacrifice the lives of other animals and plants to sustain our own. To express gratitude to whales, the Japanese have built graves, monuments, Buddhist temples, and Shinto shrines for whales, about 100 of them in total nationwide.
私たちは自分たちの命を維持するため他の動物や植物の命を犠牲にしなければならないというのが厳然たる事実です。鯨に感謝を示すため、日本人は鯨のための墓、塚、寺、神社を作ってきました。全国で全部で100ほどあります。
 
Kujira zuka (a type of monument) in Shinagawa, Tokyo
東京都品川の鯨塚(くじらづか)
Whale grave
鯨墓(くじらばか) 
Buddhist temple:
寺:
Shinto shrine:
神社: 
 
 
Again, we the Japanese people have loved and worshiped whales and consumed every part of each and every whale. You will have to understand HOW INAPPROPRIATE AND HUMILIATING it can be for us to be called barbarous by anti-whaling countries.
繰り返しますが、私たち日本人は鯨を愛し崇拝し、鯨一頭一頭の全ての部位を消費してきました。反捕鯨国から野蛮だと言われることは、いかに不適切で屈辱的なことであるかを理解してほしいと思います。
 
I have purchased 2 kg of fin whale breast meat. I would like to present some of the whale dishes here in my blog in the near future.
私はナガスクジラの胸肉を2 kg購入しました。このブログで近いうちに鯨の料理を載せたいと思います。
 

No comments: