January 25, 2018

Analysis of a News Story about Whaling in Japan/日本の捕鯨に関するニュース記事の分析

Here's a link to a BBC news story about whaling in Japan, titled "Japan and the whale".
「Japan and the whale」(日本と鯨)と題する、日本の捕鯨に関するBBCのニュース記事のリンクです。
http://www.bbc.com/news/world-asia-35397749

As with many other stories on this topic that are created by the mass media in the anti-whaling countries, the story is hostile, inaccurate, and totally wrong.
この話題に関して反捕鯨国のマスコミが作成した他の多くの記事と同様、この記事は、敵対的で、不正確で、まったく間違っています。

Here are some excerpts, together with comments from me. Bolds and underscores are mine, as well as numbers each followed by a ).
以下は、抜粋と私のコメントです。ボールド体とアンダーライン、並びに数字と「)」は私が追加したものです。

Hunting whales is irrelevant to feeding Japan's population1), draws global condemnation2) and is certainly not economic3). So why does Japan still4) do it?
捕鯨は日本の人口を養うことに無関係1)であり、、世界中の非難2)を受け、確実に経済的ではない3)。では、なぜ日本はまだ4)捕鯨を行うのか?

1. Not irrelevant. Because of the notorious moratorium, whale meat has become such a luxury item in Japan, that's all.
The United States and environmental groups resorted to underhanded measures to win the moratorium in 1982, using Caribbean countries such as Saint Lucia and Saint Vincent.
2. Not global. Of the 88 member states of the IWC, 49 are anti-whaling while 39 are pro-whaling as of January 2015. Why didn't anti-whaling countries just leave the IWC when they lost interest in whaling?
3. Economically viable. Unlike present-day anti-whaling countries, which used to hunt whales solely for their oil, whaling countries consume whale meat.
4. Why are you still against whaling?
1. 無関係ではない。悪名高きモラトリアムのせいで、日本では鯨肉はぜいたく品になってしまっただけのこと。
米国と環境保護団体は、1982年、セントルシアやセントビンセントなどカリブ諸国を利用し、姑息な手段でモラトリアムを勝ち取った。
2. 世界中ではない。2015年1月現在、IWCの88加盟国のうち、49か国が反捕鯨で、39が捕鯨国。なぜ反捕鯨国は捕鯨に興味を失っても、IWCから離脱しなかったのか?
3. 経済的に成り立つ。鯨を油を採るだけに捕獲していた現在の反捕鯨国と異なり、捕鯨国は鯨肉を消費する。
4. なぜあなたはまだ反捕鯨なの?

I pointed out that rabbits are not exactly an endangered species5).
私は、ウサギは絶滅危惧種ではない5)ことを指摘した。

5. Inaccurate wording. This sentence should be corrected to, for example,
there are about 25 species of rabbit, none of which is endangered.
There are more than 80 species of whale in the world, not all of which are endangered. Minke whales, for example, are not. The United States permits Inuits in Alaska to hunt bowhead whales, an endangered species, under the name of aboriginal subsistence whaling. Catches have increased from 18 whales in 1985 to over 70 whales in 2010, according to Whaling in the United States, linked to below.
5. 不正確な言葉づかい。この文は、例えば、次のように修正すべき:
ウサギはおよそ25種いるが、そのどれも絶滅危惧種ではない。
世界中には鯨は80種以上いるが、そのすべてが絶滅危惧種ではない。例えば、ミンククジラは絶滅危惧種ではない。米国は、先住民生存捕鯨という名目でアラスカのイヌイットに、絶滅危惧種であるホッキョククジラを捕獲することを許している。下記の「Whaling in the United States」では、捕獲数は、1985年18頭、2010年70頭以上となっている。
https://en.wikipedia.org/wiki/Whaling_in_the_United_States
YouTube Video: Our Alaska: Bowhead whale hunt
YouTubeのビデオ: Our Alaska: Bowhead whale hunt(私たちのアラスカ:ホッキョククジラの捕獲)
https://www.youtube.com/watch?v=4vz2k1jAhIE

...fin whale meat, an endangered species its trading banned by CITES6).
...ナガスクジラ肉、その取引はCITESにより禁止された6)絶滅危惧種。
6. Japan holds reservations on ten species of whales.
6. 日本は、10種の鯨に関して留保しています。

The Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora (CITES)
ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)CITES(サイテス)
http://www.mofa.go.jp/policy/environment/convention/cites.html

But Junko Sakuma thinks the answer lies in the fact that Japan's whaling is government-run, a large bureaucracy with research budgets, annual plans, promotions and pensions.
"If the number of staff in a bureaucrat's office decreases while they are in charge, they feel tremendous shame," she says.
"Which means most of the bureaucrats will fight to keep the whaling section in their ministry at all costs. And that is true with the politicians as well. If the issue is closely related to their constituency, they will promise to bring back commercial whaling. It is a way of keeping their seats."
It may seem incredibly banal7). But Japan's determination to continue whaling may come down to a handful of MPs from whaling constituencies and a few hundred bureaucrats who don't want to see their budgets cut.
しかし、ジュンコ・サクマは、答えは日本の捕鯨は国営で、研究予算、年間計画、昇格、年金のある大きな官僚制度にあると考える。
「自分たちが在職中に官僚の人数が減ったら、極めて大きな恥を感じる」と言う。
「つまり、大半の官僚は自分たちの省庁の捕鯨セクションを維持するため是が非でも戦う。それは、政治家でも同様。問題が自分たちの選挙区に密接に関係していれば、商業捕鯨を取り戻すことを約束する。それが自分たちの議席を維持する方法だ。」
それは信じられないほど陳腐なことだ7)。しかし、捕鯨を続けようとする日本の決意は、捕鯨のある選挙区の一握りの議員、および、自分たちの予算をカットされたくない数百人の官僚に行き着く。
7. Incredibly stupid observation. That may be one reason but a trivial one. The primary reason has to do with food security. With its food self-sufficiency rate less than 40%, Japan must constantly endeavor to ensure its food security. This will never be understood by those countries that are abundant in food resources such as the United States and Australia.
7. 信じられないほど馬鹿げた見解。それは理由の一つかもしれないが、取るに足らない理由である。第一の理由は食糧の安全保障に係わることである。食糧自給率が40%に満たないため、日本は食糧の安全保障の確保に常に努力する必要がある。それは米国やオーストラリアなど食料資源が豊富な国には決して理解できないことである。

No comments: