July 1, 2019

Commemorating Japan's First Commercial Whaling in 31 Years/31年ぶりの日本の商業捕鯨を祝う

Today, July 1, 2019, marks the resumption of Japan's commercial whaling after 31 years. For this special occasion, I made kujira no tatsuta-age as part of supper tonight. While making it, I recalled the faces of all those ugly, self-righteous, barbarous, culturally imperialistic, unscientific, emotional, and irrational cetophiliac people, as well as the adamant anti-whaling countries, namely, the United States, Australia, New Zealand, Canada, and the UK, and wished them all BAD LUCK.
今日、2019年7月1日は、31年ぶりに日本の商業捕鯨が再開する日です。この特別な機会を祝って、夕飯に鯨の竜田揚げを作りました。作っている間、「醜く、独善的で、野蛮で、文化帝国主義的で、非科学的で、感情的で、非理性的な鯨類異常愛好者」の顔や、頑固な反捕鯨国(米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、英国)のことを思い起こし、それらの不幸を願いました。

Japan does not single out whales and dolphins for protection simply because they are more intelligent than other species. We abhor the very idea of ranking animals according to intelligence. We do not discriminate plant life from animal life, either. We are impartial in many ways, and life is no exception.
日本は、鯨やイルカを知能が高いからっといって、それらだけを保護するということはしません。知能の高さで動物をランク付けするなどいう考えさえ恐ろしいと考えます。また、植物の命と動物の命を差別することもありません。私たちは、多くの面で公平ですが、生命もその例外ではありません。

Not all whale species are endangered, and we will hunt only minke and other whales, which are abundant in our territorial waters and EEZ, in a sustainable manner. In fact, there are so many of them there that they cause trouble to fishermen.
全て種類の鯨が絶滅の危機に瀕しているわけではなく、ミンククジラなど、日本の領海やEEZに豊富にいる鯨を持続可能な方法で捕獲します。実際のところ、あまりに数が多いので、漁業者に問題を引き起こしているのです。

Anyway, I hope to be able to get my hands on the freshest whalemeat soon!
とにかく、早く、新鮮な鯨肉が手に入るようになって欲しいと思います! 

No comments: