January 30, 2018

Remember the Cove/リメンバー・ザ・コーブ

Let us not forget the Cove! Let us not forget how they humiliated us!
コーブを忘れないようにしましょう。彼らがいかに私たちに屈辱を与えたか忘れないようにしましょう。

Related links:
関連リンク:

Wakayama Prefecture Official’ View on Dolphin Fishery at Taiji.
太地町でのイルカ漁業に対する和歌山県の公式見解

Behind "THE COVE" Digest on YouTube:
https://www.youtube.com/watch?v=SVGklokZYWI

And, most importantly, let us not do the same thing to other peoples in the world.
また、何よりも、世界の他国の人たちに同じことをしないようにしましょう。

January 25, 2018

Analysis of a News Story about Whaling in Japan/日本の捕鯨に関するニュース記事の分析

Here's a link to a BBC news story about whaling in Japan, titled "Japan and the whale".
「Japan and the whale」(日本と鯨)と題する、日本の捕鯨に関するBBCのニュース記事のリンクです。
http://www.bbc.com/news/world-asia-35397749

As with many other stories on this topic that are created by the mass media in the anti-whaling countries, the story is hostile, inaccurate, and totally wrong.
この話題に関して反捕鯨国のマスコミが作成した他の多くの記事と同様、この記事は、敵対的で、不正確で、まったく間違っています。

Here are some excerpts, together with comments from me. Bolds and underscores are mine, as well as numbers each followed by a ).
以下は、抜粋と私のコメントです。ボールド体とアンダーライン、並びに数字と「)」は私が追加したものです。

Hunting whales is irrelevant to feeding Japan's population1), draws global condemnation2) and is certainly not economic3). So why does Japan still4) do it?
捕鯨は日本の人口を養うことに無関係1)であり、、世界中の非難2)を受け、確実に経済的ではない3)。では、なぜ日本はまだ4)捕鯨を行うのか?

1. Not irrelevant. Because of the notorious moratorium, whale meat has become such a luxury item in Japan, that's all.
The United States and environmental groups resorted to underhanded measures to win the moratorium in 1982, using Caribbean countries such as Saint Lucia and Saint Vincent.
2. Not global. Of the 88 member states of the IWC, 49 are anti-whaling while 39 are pro-whaling as of January 2015. Why didn't anti-whaling countries just leave the IWC when they lost interest in whaling?
3. Economically viable. Unlike present-day anti-whaling countries, which used to hunt whales solely for their oil, whaling countries consume whale meat.
4. Why are you still against whaling?
1. 無関係ではない。悪名高きモラトリアムのせいで、日本では鯨肉はぜいたく品になってしまっただけのこと。
米国と環境保護団体は、1982年、セントルシアやセントビンセントなどカリブ諸国を利用し、姑息な手段でモラトリアムを勝ち取った。
2. 世界中ではない。2015年1月現在、IWCの88加盟国のうち、49か国が反捕鯨で、39が捕鯨国。なぜ反捕鯨国は捕鯨に興味を失っても、IWCから離脱しなかったのか?
3. 経済的に成り立つ。鯨を油を採るだけに捕獲していた現在の反捕鯨国と異なり、捕鯨国は鯨肉を消費する。
4. なぜあなたはまだ反捕鯨なの?

I pointed out that rabbits are not exactly an endangered species5).
私は、ウサギは絶滅危惧種ではない5)ことを指摘した。

5. Inaccurate wording. This sentence should be corrected to, for example,
there are about 25 species of rabbit, none of which is endangered.
There are more than 80 species of whale in the world, not all of which are endangered. Minke whales, for example, are not. The United States permits Inuits in Alaska to hunt bowhead whales, an endangered species, under the name of aboriginal subsistence whaling. Catches have increased from 18 whales in 1985 to over 70 whales in 2010, according to Whaling in the United States, linked to below.
5. 不正確な言葉づかい。この文は、例えば、次のように修正すべき:
ウサギはおよそ25種いるが、そのどれも絶滅危惧種ではない。
世界中には鯨は80種以上いるが、そのすべてが絶滅危惧種ではない。例えば、ミンククジラは絶滅危惧種ではない。米国は、先住民生存捕鯨という名目でアラスカのイヌイットに、絶滅危惧種であるホッキョククジラを捕獲することを許している。下記の「Whaling in the United States」では、捕獲数は、1985年18頭、2010年70頭以上となっている。
https://en.wikipedia.org/wiki/Whaling_in_the_United_States
YouTube Video: Our Alaska: Bowhead whale hunt
YouTubeのビデオ: Our Alaska: Bowhead whale hunt(私たちのアラスカ:ホッキョククジラの捕獲)
https://www.youtube.com/watch?v=4vz2k1jAhIE

...fin whale meat, an endangered species its trading banned by CITES6).
...ナガスクジラ肉、その取引はCITESにより禁止された6)絶滅危惧種。
6. Japan holds reservations on ten species of whales.
6. 日本は、10種の鯨に関して留保しています。

The Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora (CITES)
ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)CITES(サイテス)
http://www.mofa.go.jp/policy/environment/convention/cites.html

But Junko Sakuma thinks the answer lies in the fact that Japan's whaling is government-run, a large bureaucracy with research budgets, annual plans, promotions and pensions.
"If the number of staff in a bureaucrat's office decreases while they are in charge, they feel tremendous shame," she says.
"Which means most of the bureaucrats will fight to keep the whaling section in their ministry at all costs. And that is true with the politicians as well. If the issue is closely related to their constituency, they will promise to bring back commercial whaling. It is a way of keeping their seats."
It may seem incredibly banal7). But Japan's determination to continue whaling may come down to a handful of MPs from whaling constituencies and a few hundred bureaucrats who don't want to see their budgets cut.
しかし、ジュンコ・サクマは、答えは日本の捕鯨は国営で、研究予算、年間計画、昇格、年金のある大きな官僚制度にあると考える。
「自分たちが在職中に官僚の人数が減ったら、極めて大きな恥を感じる」と言う。
「つまり、大半の官僚は自分たちの省庁の捕鯨セクションを維持するため是が非でも戦う。それは、政治家でも同様。問題が自分たちの選挙区に密接に関係していれば、商業捕鯨を取り戻すことを約束する。それが自分たちの議席を維持する方法だ。」
それは信じられないほど陳腐なことだ7)。しかし、捕鯨を続けようとする日本の決意は、捕鯨のある選挙区の一握りの議員、および、自分たちの予算をカットされたくない数百人の官僚に行き着く。
7. Incredibly stupid observation. That may be one reason but a trivial one. The primary reason has to do with food security. With its food self-sufficiency rate less than 40%, Japan must constantly endeavor to ensure its food security. This will never be understood by those countries that are abundant in food resources such as the United States and Australia.
7. 信じられないほど馬鹿げた見解。それは理由の一つかもしれないが、取るに足らない理由である。第一の理由は食糧の安全保障に係わることである。食糧自給率が40%に満たないため、日本は食糧の安全保障の確保に常に努力する必要がある。それは米国やオーストラリアなど食料資源が豊富な国には決して理解できないことである。

January 24, 2018

Ugly Anti-Whaling Countries/醜い反捕鯨国

When will the anti-whaling countries realize that the problem lies in themselves? When will they realize that they are ugly, rude, barbarous, unscientific, emotional, and culturally imperialistic, trying to impose their narrow-minded views on the whaling countries and disrespecting the cultures of these countries? When will they stop taking the arrogant attitude and start talking about sustainable whaling?
反捕鯨国は、いつになったら、問題は自分たち自身にあることを認識するのでしょうか?いつになったら、自分たちは醜く、無礼で、野蛮で、非科学的で、感情的で、文化帝国主義的であり、また自分たちの偏狭な考えを捕鯨国に押し付け、捕鯨国の文化を軽視していることを認識するのでしょうか?いつになったら、傲慢な態度を取るのを止め、持続可能な捕鯨について語り始めるのでしょうか?

The anti-whaling movement is a gross human rights abuse akin to colonization and slavery.
反捕鯨運動は、植民地化や奴隷制にも似た大きな人権侵害です。

Not only whales but also all other animals, as well as all plants, are special in their own way, regardless of their intelligence. It is totally wrong to attempt to rank living creatures according to intelligence. We all need to sacrifice the lives of other creatures to sustain our own. This is just a fact of life.
クジラだけでなく、他の全ての動物も、並びに全ての植物も、その知能に係らず特別なものです。生き物を知能でランク付けしようとするのは全くの誤りです。私たちは誰でも、自分たちの生命を維持するため他の生き物の命を犠牲にする必要があります。それが厳然たる事実です。

It is pathetically ironic that the present-day anti-whaling countries, which used to hunt whales in large numbers only for their oil and baleen and never worshiped them, now accuse Japan, which has worshipped whales and consumed every part of every whale.
かつて、油やヒゲを取るためだけに鯨を大量に捕っていても、鯨を崇拝したことのない反捕鯨国が、鯨を崇拝し、鯨の全ての部分を消費していた日本を非難するのは、痛ましいほどに皮肉なものです。

January 21, 2018

Grinding Buckwheat Grains into Flour Using a Coffee Grinder/コーヒーミルで蕎麦の実を粉にする

Here is a description of how to grind buckwheat grains into flour, using a coffee grinder capable of making a grind suitable for espresso.
コーヒー豆をエスプレッソ用に挽けるコーヒーミルを使って、蕎麦の実を粉にする方法の説明です。
 
Equipment:
Coffee grinder
2 large pots
1 coarse sieve
1 #60 mesh sieve
1 bucket
器具類:
コーヒーミル
大きな鍋 2つ
粗いふるい 1つ
#60メッシュのふるい 1つ
バケツ 1つ
(Grinder or bucket not shown in the photo)
(写真にはミルとバケツは映っていません)
 
Buckwheat grains:
蕎麦の実: 
Previously put in a mesh bag and cleaned by rubbing
既にメッシュの袋に入れて、揉んできれいにしてあります。
 
Commercial grade coffee grinder:
業務用コーヒーミル: 
Fuji R-440, "cut type" (not grind type)
フジのR-440(アールヨンヨンマル)の「カットタイプ」(グラインドタイプではない) 
 
1. Set the grinder to the Coarse position. Place one pot under the outlet.
1. ミルを粗い設定にします。出口の下に鍋を1つ置きます。
2. Close the dumper.
2. ダンパーを閉めます。 
 
3. Put the grains in the hopper.
3. 実をホッパーに入れます。 
4. Turn ON the grinder and open the dumper.
4. ミルの電源を入れ、ダンパーを開けます。 
Contents of the pot:
鍋の中身: 
5. Filter the contents of the pot, using a coarse sieve above the other pot.
5. 粗いふるいをもう一方の鍋の上で使って、鍋の中身をふるいます。
6. Put the husk in the bucket.
6. 殻はバケツに入れます。 
Contents of the second pot:
2番目の鍋の中身: 
7. Place the first pot under the outlet of the grinder. Close the dumper again, set the grinder to the Fine position this time, and put the contents of the second pot in the hopper.
7. 最初の鍋をミルの出口の下に置きます。ダンパーを再度閉めて、ミルを今度は細かい設定にして、2番目の鍋の中身をホッパーに入れます。 
 
8. Turn ON the grinder and open the dumper.
8. ミルの電源を入れ、ダンパーを開けます。 
Here's a short video. Watch out for the loud noise!
短いビデオです。うるさい音にご用心!
Contents of the first pot:
最初の鍋の中身:
9. Filter the contents of the first pot in several parts, using a #60 mesh sieve.
9. 最初の鍋の中身を何回かに分けて、#60メッシュのふるいでふるいます。
End product:
最終結果: 
Portion that remained on the #60 sieve.
#60のふるいに残った部分: 
Don't just dispose of this portion or the husk. Add them to your compost!
この部分や殻は捨てずに、堆肥に混ぜて下さい!
 
I got 500 + 195 g of buckwheat flour this time.
今回は、蕎麦粉が500 + 195 gできました。 
I should have measured the weight of the buckwheat grains first.
まずは蕎麦の実の重さを測っておくべきでした。

Edited to add some notes:
注を追記:

1. The procedure described above is for making buckwheat flour for use in making soba (buckwheat noodles). A #60 mesh sieve is a standard one for this purpose.
2. I have never used the common, "grind type" of R-440 to make buckwheat flour. I hope to be able to give my grind type a try some day to see if it can grind buckwheat grains fine enough for soba (buckwheat noodles).
1. 上記の手順は、蕎麦切りを作るのに使う蕎麦粉を作るためのものです。この際は、#60メッシュのふるいを使うのが一般的です。
2. 蕎麦粉を作るのに、一般的な「グラインドタイプ」のR-440を使ったことはありません。いつか、自分のグラインドタイプのミルが蕎麦用に細かく挽けるかどうか試したいと思います。
  

January 15, 2018

Harvesting Amanatsu/甘夏の収穫

On January 14, I harvested some of the fruits from the two amanatsu trees, as requested by my father.
1月14日、父に頼まれて、2本の甘夏の木から一部、収穫しました。
 
To harvest the fruits on branches too high to reach,
高くて届かない枝になっているのを収穫するには、 
I used a "taka eda kiri basami" (high branch pruning scissors) 
高枝切りばさみを使いました。 
rather than a stepladder.
脚立ではなく。
 
I harvested the bigger ones, and left the smaller ones on the trees.
大きいのを収穫して、小さいのは木に残しました。 
Kaki (persimmon) tree:
柿の木:
Ume tree:
梅の木: 
As you can see, there are lots of buds on the branches.
見て分かる通り、枝には蕾(つぼみ)がいっぱい付いています。
 
I also harvested some grapefruits.
グレープフルーツも少し収穫しました。
 
Hana yuzu tree:
花柚子(はなゆず)の木: 
The fruits can be put in a bathtub (to take a "yuzu buro") and can also be used in cooking.
果実は風呂にも入れられます(柚子風呂に入るため)し、料理にも使えます。
 
While I was harvesting the amanatsu and other fruits, my father worked in the other areas of his field. He reported that the door of the greenhouse for strawberries had been blown off by strong wind, so that birds could enter the greenhouse, leaving only this amount of strawberries for us.
私が甘夏などの果物を収穫している間、父は、畑の他の場所で作業していました。イチゴ用の温室のドアが強風で吹き飛ばされて、鳥が温室に入ってきて、イチゴがこれだけしか残っていませんでした。  
He also collected one head of cabbage, one head of broccoli, and some nazuna (a type of greens).
父は、キャベツ1個、ブロッコリ1本、なずなも採りました。
And, some overgrown komatsuna leaves.
大きくなり過ぎた小松菜(こまつな)も少し。 
I boiled the nazuna, komatsuna, and broccoli.
なずな、小松菜、ブロッコリは茹でました。 
I used this home-made ponzu (1:1:1 mixture of yuzu juice, soy sauce, and water, plus some instant dashi and katsuobushi) to eat the nazuna and komatsuna. I used mayonnaise to eat the broccoli.
この自家製ポン酢(柚子果汁、しょう油、水を1:1:1で混ぜ、出汁の素と鰹節を足したもの)で、なずなと小松菜を食べ、ブロッコリにはマヨネーズを使いました。 
We sent the amanatsu to four relatives, including my wife.
夏みかんは、親戚4軒(私の妻を含む)に送りました。

January 3, 2018

New Year's Party/新年会

On January 2, I joined the new year's party (shin nen kai in Japanese) on behalf of my father.
1月2日、父の代わりに新年会に参加しました。
 
Here are photos of the meals served there.
そこで出された食事の写真です。
 
 
Nabemono (one-pot dish):
鍋物: 
 
Sunomono (vinegared dish):
酢の物:
Sashimi:
刺身:
Tempura:
天ぷら: 
Later, we were served a plate of sushi.
後で、寿司が出されました。 
And, hand-made soba, as well.
それから、手打ちそばも。 
Lastly, we were served a cake.
最後に、ケーキが出されました。 
The meal cost 3,000 yen per person, excluding beverages. Very reasonable price!
食事は一人3,000円(飲み物を除く)で、とてもリーズナブルでした。