August 4, 2017

Making Blueberry Jam, Using Ume/梅を使って、ブルーベリージャムを作る

On August 2, my father got more than 2 kg of frozen blueberries from a neighbor.
8/2、父は近所の方から冷凍ブルーベリーを2キロ以上もらいました。
 
I was given the assignment of turning them into jam. I first thought it was an easy task.
これをジャムにする仕事を与えられました。最初は簡単な仕事だと思いました。
I first put the 2 kg of blueberries in two Tupperware containers, microwaved each container with 300 g of sugar in a 600-W microwave oven for a total of 4 x 3 = 12 minutes.
まず2キロのブルーベリーを2つのタッパー容器に入れ、各容器に砂糖を300 g入れて600Wの電子レンジで合計4 x 3 = 12分加熱しました。
Very watery. I left them overnight to see how the texture would change.
とても水っぽくなりました。一晩おいて、どう変わるか見てみました。
 
On the early morning of August 3, I checked them and found they were still watery. My father tasted some, and didn't like it. I decided to simmer them in an enameled pot for 20-30 minutes.
8/3の早朝、チェックすると、まだ水ぽっかたです。父が味見しましたが、気に入らないので、ホーロー鍋で20~30分煮ることにしました。 

I added 400 g of sugar to the pot to make the blueberry to sugar ratio 2 to 1. I simmered them for 30 minutes. Still quite watery.
鍋に砂糖を400 g入れて、ブルーベリーと砂糖の割合を2:1にし、30分煮ました。まだかなり水っぽいです。
I decided to add two of the eight ripe ume that had been sitting in the freezer to add pectin.
ペクチンを足すため、冷凍庫にあった8個の熟した梅のうち2つを入れることにしました。


After simmering for several minutes, I checked to see if the added ume had changed the flavor of the contents of the pot. I found that the ume had enhanced the flavor. The texture was still watery, however.
数分煮てから、加えた梅のせいで鍋の中身の味が変わったかどうか調べましたが、梅のおかげで味が良くなったと思いました。でもまだ水っぽいままです。

I later added two more.
後で、さらに2個足しました。
Still watery. I decided to add all the remaining four ume.
まだ水っぽいので、残りの梅4個を全部入れることにしました。
I also added 200 g of sugar so that the jam would contain 60% sugar.
また、ジャム砂糖含有量が6割になるよう、砂糖を200 g足しました。

Still not quite jam-like texture. I decided to leave it overnight.
まだジャムのような食感になりません。一晩おくことにしました。

This early morning, I checked the texture to find it was slightly thicker than last night.
今朝、チェックすると、昨晩よりは少しとろみがついていました。

This time, I got an OK from my father. I rinsed four empty blueberry jam glass bottles with running water, and microwaved them, two at a time, in a 600-W microwave oven for one and a half minutes in an attempt to sterilize them.
今度は、父から承諾をもらえました。ブルーベリーの空きガラス瓶を4個、流水で洗い、2個づつ、
600Wの電子レンジで1分半加熱し、殺菌しました。
My father consumes a considerable amount of store-bought blueberry jam with yogurt every morning. Luckily, I have saved some of the empty bottles.
父は、毎朝、かなりの量の市販のブルーベリージャムをヨーグルトと一緒に食べます。運よく、空き瓶をいくつかとっておきました。
The jam made from 2 kg of blueberries and 1.2 kg of sugar filled the four glass bottles.
ブルーベリー2キロ、砂糖1.2キロで作ったジャムでガラス瓶4個がいっぱいになりました。


I told my father that these four bottles contained eight ume seeds and that he should be careful when consuming the jam.
この4個の瓶には梅の種が8つ入っているので、食べる時は注意する必要があることを、父に伝えました。

Why did I add ume, you might ask. Lemon juice is usually added as a source of pectin, but I didn't want to drive just to get some lemon juice. Ume contain a considerable amount of pectin, and besides, I know from the home-made grape jelly that ume have a potential to enhance the flavor of another type of fruit.
なぜ梅を足したかと言うと、ペクチン源としてレモン果汁を入れるのが普通ですが、わざわざ車を運転してまでレモン果汁を買いに行きたくなかったし、梅にはかなりのペクチンが含まれていて、その上、この自家製ぶどうゼリーから梅には、他の種類の果物の味を良くする可能性があると分かっているからです。

July 25, 2017

Doyo no Ushi no Hi/土用の丑の日

Doyo refers to the period of about 18 days before any one of the shiryu (lit. four starts, i.e., rikka (start of summer), risshu (start of fall), ritto (start of winter), and risshun (start of spring)). The shiryu are part of the twenty-four solar terms.
no = 's
ushi = ox, one of the twelve signs of the Chinese zodiac
hi = day

Doyo no ushi no hi (often referred to as the "midsummer day of the ox" in English) refers to the one or two days of the ox, depending on the year, in the doyo before the risshu (start of fall). There are two doyo no ushi no hi this year, June 25 and August 6.

It is customary to have eel on doyo no ushi no hi. It is said that Hiraga Gennai started this custom.

土用(どよう)とは、四立(しりゅう)、すなわち、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)、立春(りっしゅん)の直前の約18日の期間を指します。四立は二十四節気(にじゅうしせっき)の一部です。

土用の丑の日(英語ではよく"midsummer day of the ox"と呼ばれる)は、立秋の前の土用の丑の日(年により一日か二日)を指します。今年は、丑の日が7月25日と8月6日の二日あります。

土用の丑の日に鰻(うなぎ、ウナギ)を食べる習慣があります。平賀源内がこの習慣を始めたと言われています。

Last Saturday, I bought two packs of cheap imported eel kabayaki for 780 yen a pack. We three of us shared one pack as part of lunch today (July 25).
先週の土曜日に、安い輸入のウナギの蒲焼きを2パック買いました(1パック780円)。今日(7/25)、昼ごはんに、3人で1パックを分けて食べました。

July 14, 2017

Summer Vegetable Curry, etc./夏野菜カレーなど

I keep making dishes using the summer vegetables my father keeps collecting from his field.
父が畑から採ってくる夏野菜を使って、料理を作り続けています。
 
"Abura miso" (lit. oil miso)
油味噌
My father calls eggplants stir-fried with oil and miso "abura miso". Eggplants, miso, and oil are the only ingredients. My wife, on the other hand, calls such dish "nasu miso", and this dish always calls for mirin and sugar and another ingredient (ao jiso (green perilla) or ginger).
父は、ナスを油と味噌で炒めたものを「油味噌」と呼んでいます。具材はナス、味噌、油だけです。一方、妻はこのような料理をナス味噌と呼び、必ず味醂と砂糖と他の具材(青紫蘇か生姜)を使います。

Today, I made summer vegetable curry for lunch.
今日は、昼ごはんに夏野菜カレーを作りました。
All of the vegetables in the photo were grown by my father.
写真の野菜はすべて父が育てたものです。

I also used ingen (green beans), also grown by my father (boiled and frozen) and some pork.
父が育てたインゲン(茹でて冷凍したもの)と豚肉も使いました。
I added NO water to the frying pan. After the ingredients were done, I added half the curry roux box
フライパンには水は入れてません。具に火が通ってから、カレールーを一箱の半分入れました。
I later added some instant dashi and soy sauce as kakushi aji (hidden flavors).
後で、出汁の素としょう油を隠し味として入れました。

Some summer vegetable curry dishes are much more colorful and look more delicious as you can see from:
次のリンクで分かるように、もっとカラフルで、もっと美味しそうな夏野菜カレー料理もあります。

Images of natsu yasai (summer vegetable) curry/夏野菜カレーのイメージ

I made "nasu no age bitashi" as part of supper today.
今日の夕飯には、ナスの揚げ浸しを作りました。
Deep-fried,
揚げて、
soaked in men tsuyu (noodle dipping sauce) in a container.
容器で麺つゆに漬けます。

July 5, 2017

San Tate Soba/三たてそば

San tate refers to three tates, hiki tate (just ground), uchi tate (just made (kneaded)), and yude tate (just boiled). San tate soba is said to be very tasty.
三たてとは、3つの「たて」、挽きたて、打ちたて、茹でたてのことです。三たてそばはとても美味しいと言われています。
 
Yesterday, my father finished thrashing most of the buckwheat we harvested recently. He said he wanted to have soba for supper.
昨日、父が、最近収穫した蕎麦を大半、脱穀し終わりました。夕飯には蕎麦が食べたいとのこと。
We ground some buckwheat grains into flour, using the R-440 coffee mill capable of making espresso grinds. (Like I said previously, the R-440 is available in two types.)
エスプレッソ用に挽けるR-440コーヒーミルを使って、そばを挽いて粉にしました(前に言ったようにR-440には二種類あります)。
We got 340 g of buckwheat flour. As requested by my father, I added 80 g of wheat flour as tsunagi (binder).
そば粉が340 gできました。父の言う通り、つなぎとして小麦粉を80 g入れました。
I used my noodle maker.
ヌードルメーカーを使いました。




My father said it was quite delicious. I thought it was just so-so. He said he would make soba by himself the next time. I wonder if he can keep kneading the dough for 20 minutes...
父はとても美味しいと言っていましたが、私はまあまあだと思いました。父は今度は自分でそばを打つと言っていましたが、20分もそばを練っていられるかなあと思います。


July 3, 2017

The Best Ume Syrup Recipe So Far/今までで一番いい梅シロップのレシピ

I have made ume syrup and ume jam for six years in a row. This year, I have come up with a recipe that I think is the best.

Ingredients:
1 kg ume
0.5 kg sugar (half the weight of ume)

Equipment:
Microwave oven
Tupperware container with a capacity of 2.2 liters or so. Preferably one with a wide base area.

Directions:

1. Rinse ume with water, remove the heta (stem end) from each ume, rinse again, and drain in a sieve.
2. Transfer ume to a Tupperware container, wrap with plastic wrap, microwave for 2 minutes (for a 600-W microwave oven), check the doneness, microwave for, say, 1.5 minutes, depending on the doneness.
3. Add sugar, mix gently so as not to damage the ume.
4. Put on the lid. Leave it at room temperature for about 2 days until the sugar is fully dissolved.
5. Separate the syrup from the ume.
The ume still has some juice in it. Eat them as snacks, make them into jam by adding additional sugar, and find other good uses. You can also decide to add additional (200-500 g) sugar to get some more syrup from the ume.
6年連続で梅シロップと梅ジャムを作ってきました。今年は、最高だと思うレシピを思い付きました。

材料:
梅 1 kg
砂糖 0.5 kg(梅の重さの半分)

機器:
電子レンジ
容量2.2リットル程度のタッパー容器。できれば、底面積が大きなもの。

方法:
1. 梅を水洗いし、ヘタを取り、再度水洗いし、ザルで水を切る。
2. 梅をタッパー容器に移し、ラップをし、電子レンジで2分加熱する(600Wの電子レンジの場合)。火の通り具合を調べて、具合に応じてさらに、1.5分程度加熱する。
3. 砂糖を入れ、梅を壊さぬよう丁寧に混ぜる。
4. ふたをして、常温で2日程度、砂糖が完全に溶けるまで置いておく。
5. シロップと梅を分ける。
梅にはまだ果汁が残っています。そのまま食べるか、砂糖をさらに足して梅ジャムにするか、他の用途を見つけて下さい。また、砂糖をさらに(200~500 g)足して、梅シロップをもう少し抽出することもできます。

Photos:
写真:
Each container contains 1 kg of frozen ume.
各容器には冷凍梅が1 kg入っています。
I froze the ume simply because I had to delay the ume sryup making. I left the ume overnight to thaw.
梅を冷凍したのは単に梅シロップ作りを遅らせる必要があったからです。一晩おいて、解凍しました。

Ume mixed with sugar.
砂糖を混ぜた梅。
2.2-liter Tupperware containers.
2.2リットルのタッパー容器:
I selected ones with a wide base area.
底面積が広いのを選びました。

Two days later:
2日後:
Very clear syrup, with no signs of fermentation. Perfect!
とてもクリアで、発酵していないシロップ。完璧です。

Reference:
参考:
Left: Clear syrup free from fermentation (mixture of syrup made from microwaved ume and syrup made from frozen ume)
Right: Syrup (made from unprocessed ume, spending ten days)
左:発酵していないクリアのシロップ(電子レンジで加熱した梅で作ったシロップと冷凍した梅で作ったシロップを混ぜたもの)
右:発酵したため濁ったシロップ(そのままの梅から、10日かけて作ったシロップ)

June 28, 2017

Making Low-Salt Umeboshi/低塩梅干しを作る

As I mentioned briefly, I started to make low-salt umeboshi on June 18, following my father's recipe,  described here.
ちょっと述べたように、6/18に低塩梅干しを作り始めました。ここで述べた父のレシピに従いました。

1,100 g + 560 g = 1,660 g of ume, plus 5% salt and water enough to cover the ume.
梅1,100 g + 560 g = 1,660 g、塩5%と、梅がかぶるだけの水。
On June 23, I decided to dry them in the sun.
6/23、日干しすることにしました。
Bubbling, a clear sign of fermentation.
泡立っています。明らかに発酵しています。


It was a sunny day.
晴れの日でした。
I later replaced the sieve with a flat one.
後で、ザルを平らなものに変えました。
June 24: Sunny
25: Rainy
26-28 Cloudy
6/24:晴れ
25:雨
26-28:曇り
I wanted to dry them in the sun for three consecutive days, but I was unable to.
3日間連続で日干ししたかったのですが、できませんでした。

Today (June 28), I transferred the ume to a glass jar, added some vinegar and shochu (about 2 tbsp each) and 5% sugar (instead of 20%).
今日(6/28)、梅をガラス瓶に移し、お酢と焼酎を少し(それぞれ大さじ2杯程度)と砂糖を5%(20%ではなく)を入れました。
I will taste them tomorrow morning.
明日の朝、味見してみます。

To be continued.
続く。

On the early morning of June 29, my father and I tasted the umeboshi.
6/29の早朝、父と梅干しを食べてみました。
I also tasted the low-salt umeboshi my father made last year (right).
父が去年作った低塩梅干し(右)も食べてみました。
My father just can't remember how much sugar he added. (The recipe calls for 20% sugar.) Both umeboshi were equally sour and were not sweet, so I decided not to add additional sugar.
父は砂糖をどれくらい入れたか思い出せないそうです(レシピでは砂糖が20%必要)。どちらの梅干しも同様に酸っぱく、甘くないので、砂糖はもう足さないことにしました。

Another batch is ready for drying!
もう一瓶、干します。