April 23, 2017

Hoshi Nasu (Dried Eggplants)/干しなす

Last December, my father made a large amount of kiriboshi daikon.
去年の12月、父は切干大根を大量に作りました。
Last summer, he also made a large amount of dried eggplants.
去年の夏は、干しなすも大量に作りました。
Now it's my job to consume all of the dried eggplants. This morning, I made some nasu miso, using miso and mirin as seasonings.
この干しなしを使うのは私の仕事です。今朝は、調味料として味噌とみりんを使って、なす味噌を作りました。
My father calls this dish "nasu no abura miso" or simply "abura miso".
父はこの料理を「なすの油味噌」または単に「油味噌」と呼んでいます。

My wife's nasu miso contains either ginger or ao jiso (green perilla).
妻のなす味噌には生姜か青紫蘇(あおじそ)が入っています。

Making Warabi Mochi for My Father/父に蕨もちを作る

The other day, my father surprised me again by saying he liked warabi mochi. He said it was transparent, and I understood he liked fake warabi mochi not the real one, which is grayish.
So, today, I made some fake warabi mochi using
6 tbsp katakuriko (potato starch)
2 tbsp sugar (the recipe calls for 4 tbsp)
300 ml water
先日、父は蕨もちが好きだと言って、また驚かせてくれました。透明な蕨もちだそうです。それで本当の蕨もち(灰色っぽい)ではなく、偽物の蕨もちが好きだということが分かりました。
というわけで、今日、偽物の蕨もちを作りました。
片栗粉 大さじ6
砂糖 大さじ2(レシピでは大さじ4)
水 300 ml

In a container, I mixed kinako (roasted soybean flour) and sugar at a ratio of 2:1 and added a pinch of salt.
容器にきな粉と砂糖を2:1の割合で混ぜ、塩を一つまみ入れました。
A common kinako to sugar ratio is 1:1.
きな粉と砂糖の一般的な割合は1:1です。

Warabi mochi:
蕨もち:
Both my parents liked it very much.
両親とも気に入ってくれました。

I skipped kuromitsu (black sugar syrup) because there was no black sugar in the house.
家には黒砂糖がなかったので、黒蜜は省略しました。

For more info about warabi mochi, search through my blog.
蕨もちに関しては、このブログで検索してください。

April 18, 2017

Removing Aku (Harshness) from Warabi (Bracken Fern)/蕨(わらび、ワラビ)の灰汁(あく)抜き

While talking with my parents about warabi (young shoots of bracken fern), I realized that they did not know a proper way to remove aku from warabi. They said they boiled warabi in a pot of water plus baking soda for some time.
Well, recipes for removing aku (harshess) from warabi vary. Some recipes do say to boil warabi, but only for ten to twenty seconds. I, for one, do not boil warabi. I made a mistake of boiling warabi for aku removal once, and the warabi ended up being pulpy, losing all of its flavor.
両親とワラビについて話している時、両親はワラビの灰汁を抜く正しい方法を知らないことに気付きました。ワラビは重曹を入れたお湯で茹でるそうです。
ワラビの灰汁抜きの方法は色々あり、ワラビを茹でる方法もありますが、それでも10~20秒程度です。私自身はワラビは茹でません。一度、ワラビの灰汁を抜くのに茹でるという間違いを犯しましたが、ワラビは紙を食べているような食感で、風味がまったくなくなってしまいました。

Here are the warabi my father picked up today from two places.
今日、父が二か所から採ってきたワラビです。 
Much shorter and thinner than the ones I used to pick up in the Snow Country.
雪国で私が採っていたワラビよりずっと短く、細いです。

0. Wash warabi.
1. Bring water (about 2 liters in the photo) to a boil. Turn off the heat.
2. Add 1-2 tsp baking soda per liter water.
3. Add warabi and leave them overnight.
0. ワラビを洗う。
1. お湯を沸かし(写真では2リットル程度)、火を止める。
2. 重曹をお湯1ℓにつき小さじ1、2杯入れる。
3. ワラビを入れ、一晩置く。

Last night:
昨晩:
This morning:
今朝:
4. Rinse with several changes of water.
4. 水を何回か換えて、洗う。
My parents like to have them with mayonnaise.
両親はマヨネーズで食べるのが好きです。
I am no big fan of warabi. Besides, the warabi here in Chiba cannot be compared with the ones in the Snow Country.
私はワラビはあまり好きではないです。それに、千葉のワラビは、雪国のワラビと比べものになりません。

April 17, 2017

Atsuage and Namaage/厚揚げ、生揚げ

Atsuage is deep-fried tofu, and I like atsuage very much. Atsuage is also called namaage. I first learned the term namaage from my father, and I googled to find that the term atsuage is mainly used in Kansai (Western Japan) and the term namaage is mainly used in Kanto (Eastern Japan).
厚揚げは揚げた豆腐のことで、私は厚揚げが大好きです。厚揚げは生揚げとも呼ばれます。生揚げという言葉は父から初めて知りましたが、ググると、厚揚げという言葉は主に関西で使われ、生揚げという言葉は主に関東で使われるそうです。
 
The photo below shows a product sold as namaage.
次の写真のは、生揚げとして売られている製品です。
 
I first cut it into manageable sizes and then microwave it for a few minutes.
I then sprinkle chopped naganegi and katsuobushi (dried bonito shavings).
まずは手ごろな大きさに切って、電子レンジで数分加熱します。
それから、刻んだ長ねぎと鰹節を振り掛けます。 
I usually pour some mentsuyu (noodle soup) concentrate, but this time, I poured some olive oil and soy sauce.
いつもは濃縮タイプの麺つゆをかけるのですが、今回は、オリーブオイルとしょう油をかけました。 
I could live on rice and this and other soy products (tofu, natto, etc.) alone for the rest of my life!
ご飯とこのような大豆製品(豆腐、納豆など)だけで一生(いっしょう)生きてられます!

April 16, 2017

Seafood Spaghetti/シーフードスパゲティ

In Japan, there are two types of spaghetti dishes that are very popular, Napolitan and meat sauce.
For supper tonight, I first thought I'd make meat sauce but changed my mind and made seafood spaghetti instead because I didn't have ground meat in the fridge and I thought that my parents would like seafood spaghetti more than meat sauce spaghetti.
日本では、ナポリタンとミートソースという二種類のスパゲティ料理がとても人気があります。
今日の夕飯には、ミートソースを作ろうと最初は思ったのですが、冷蔵庫に挽肉はないし、両親はミートソーススパゲティよりシーフードスパゲティのほうが好きだろうと思って、シーフードスパゲティを作ることにしました。
 
This time, I used my trick to cook spaghetti without boiling, by breaking the spaghetti in half and putting them in a mixing bowl with water.
今回は、スパゲティを半分に折って、水の入ったボールに入れて、「茹でずにスパゲティを調理する」裏ワザを使いました。
300 g spaghetti
スパゲティ300 g

Ingredients of the seafood sauce:
Olive oil for pan-frying
1 onion
1 can tomato
1 bunch buna shimeji mushroom
Asari (Japanese short-necked clams)
Seafood mix
1/2 tsp salt
Tomato ketchup!
シーフードソースの材料:
炒め用のオリーブオイル
玉ねぎ 1個
トマト 1缶
ブナシメジ 1束
アサリ
シーフードミックス
塩 小さじ1/2 tsp salt
トマトケチャップ!

I first pan-fried minced onion with olive oil.
まず、みじん切りの玉ねぎをオリーブオイルで炒めました。

Lastly, I added the most important ingredient, ketchup!
最後に、一番重要な材料、ケチャップを入れました!
I tasted and decided to add two cubes of instant consomme.
味見して、コンソメの素を2つ入れることにしました。 

I also made simple soup using 1,200 ml water, four cubes of instant consomme, dried enoki, wakame, and nage negi.
水1,200 ml、コンソメの素4つ、干しえのき、わかめ、長ねじを使って簡単なスープも作りました。

Making Gomoku Chirashi Zushi/五目ちらし寿司を作る

My father keeps telling me that he likes vinegared rice very much, so I often make some kind of sushi for my parents. For lunch today, I made gomoku chirashi zushi (< sushi).
父は、酢飯が大好きだと言い続けているので、何らかの寿司を両親のために作ることが多いです。今日の昼ごはんには、五目ちらし寿司を作りました。
 
I cooked 3 go of rice this morning. After the breakfast, I had this amount left in the cooker.
今朝、ご飯を3合炊きました。朝食の後、これだけ炊飯器に残りました。
I needed 3 go of rice to make gomoku chirashi, so I took some leftover rice from the freezer and microwaved it.
五目ちらしを作るのにご飯が3合必要なので、残りごはんを冷凍庫から出して、電子レンジで加熱しました。
I used this product, Sushi Taro.
この製品(すし太郎)を使いました。

Gomoku means five items. The five items of chirashi zushi are lotus root, carrot, dried gourd shavings, bamboo shoot, and shiitake. Chirashi comes from the verb chirasu (to scatter).
五目とはfive itemsという意味です。ちらし寿司の五目とは、れんこん、にんじん、干ぴょう、たけのこ、しいたけです。「ちらし」は「散らす」という動詞から来ています。

The key to making chirashi zushi is to add the vinegar and sugar (and other ingredients) while the rice is still very hot. If the rice is cold, it won't soak up the seasonings.
ちらし寿司を作る秘訣は、お酢と砂糖(また他の具材)を、ご飯がまだすごく温かいうちに混ぜることです。ご飯が冷たいと、調味料が染み込みません。

I heated the rice very, very hot.
ご飯をすごく熱くしました。
Then, I added the contents of the two packs.
2つのパックの中身を入れました。

Mix well in a cutting motion. When the mixing is completed, cool to hitohada (human skin temperature) with a fan.
切る動作でよく混ぜます。かき混ぜ終わったら、団扇を使って、人肌まで冷まします
I completed the shirashi zushi making at around nine in the morning.
ちらし寿司作りは午前9時ごろ終えました。
 
Later, I made kinshi tamago, using two large eggs. I wanted to use more eggs, but I carelessly used three eggs to make clear soup for supper last night. Silly me.
その後、卵L2個を使って、錦糸卵を作りました。卵をもっと使いたかったのですが、昨日の夕飯にすまし汁を作るのに卵を3個も使ってしまいました。バカでした。 
Many recipes call for sugar (and katakuriko (potato starch)), but I don't add anything to the beaten eggs.
砂糖(それに片栗粉)を入れるレシピが多いですが、私は溶き卵に何も入れません。
 
When the surface is almost done, flip it, using a pair of chopsticks.
表面にほぼ火が通ったら、箸を使って、ひっくり返します。
Oops... I failed.
おっと、失敗。
I also served store-bought renkon (lotus root) kinpira.
市販のれんこんきんぴらも出しました。
The main ingredients are lotus root, gobo, and carrot.
主な具材はれんこん、ごぼう、にんじんです。
 
 
After the lunch, we had these strawberries, grown by my father.
昼ごはんの後は、父が育てたこのイチゴを食べました。

April 15, 2017

Making Gyoza with Wings/羽根つき餃子を作る

Although my father likes gyoza, I don't want to make them from scratch mainly because I just can't spend 30-40 minutes to make gyoza. I usually spend only 10-20 minutes to make a meal.
I have tried three different brands of frozen gyoza so far, and I find this one is the best in texture, flavor, and price.
Hane Tsuki Gyoza (Gyoza with Wings) from Osaka Osho:
父が餃子を好きなのですが、私としては、一から作りたくないです。主な理由は餃子を作るのに30~40分もかけたくないからです。普段は一回の食事を作るのに10~20分しかかけていません。
今まで、冷凍餃子を3種類試してきましたが、この製品が、食感、味、値段において一番だと思います。
大坂王将の羽根つき餃子: 
 
The regular price is around 400 yen, but I can get it for half the price from a supermarket on specific days of the week.
通常の値段は400円程度ですが、特定の曜日にスーパーで半額で手に入ります。
12 gyoza plus two packets of dipping sauce.
餃子が12個と、たれが2袋。

Place the gyoza in a frying pan. No oil or water required.
フライパンに餃子を載せます。油も水も要りません。
Turn on the heat to medium and put on the lid. Cook for 5 min.
火を点けて、中火にして、ふたをします。5分調理します。
Lift the lid, turn down the heat to low, and cook for another 1-2 minutes until the liquid around the gyoza turns brownish.
ふたを取り、火を弱にして、餃子の周りの液体が茶色っぽくなるまで、さらに1~2分火を通します。
Result:
結果:
Not bad!
悪くはないです。

If you want to make regular gyoza in this style, simply mix 150 ml water with 1 tbsp flour (or katakuriko (potato starch), which results in a slightly different texture) and cook the gyoza with some oil and the mixture. Some people use a 1:1 mixture of flour and katakuriko.
普通の餃子をこのような形にしたい場合は、水150 mlに小麦粉(または片栗粉(少し違った食感になる))を大さじ1杯混ぜて、餃子を油少々と、この液体で調理します。小麦粉と片栗粉を1:1で混ぜる人もいます。

Images of hane tsuki gyoza (gyoza with wings)/羽根つき餃子のイメージ