March 23, 2017

Sunomono (Vinegared Dish) of Wakame and Cucumbers/わかめときゅうりの酢の物

Wakame seaweed is often combined with cucumbers to make a sunomono (vinegared dish). My version is a combination of wakame and sliced cucumbers, plus some other ingredients like canned corn and fake crab meat ("kanikama", known as surimi in France and other countries), seasoned with a 1:3 mixture of sugar and vinegar. For wakame, I usually use a cheap, imported product. My parents' version is simpler, just a combination of wakame and cucumber, but is seasoned with much more sugar and vinegar. As for wakame, my father insists that fresh wakame be used.
わかめ(若布、ワカメ)はよく、きゅうりと合わせて酢の物にします。私のバージョンは、わかめとスライスしたきゅうりを合わせ、他の具材(缶詰のコーンやカニカマ(フランスなどでは"surimi"と呼ばれる)を足し、砂糖とお酢を1:3で合わせて味付けしたものですが、わかめは通常、安い輸入品を使います。両親のバージョンは、シンプルで、単にわかめときゅうりを合わせたものですが、砂糖とお酢をもっとたくさん使います。わかめに関しては、父は、生のわかめにこだわっています。
 
So, I had to buy a pack of fresh wakame the other day.
というわけで、先日、生のわかめを1パック買いました。 
  
Usually, fresh wakame is salted, must must be rinsed with several changes of water.
生のわかめは通常、塩蔵されているので、水を何回か換えて洗う必要があります。
Then cut it into manageable sizes.
それから、適当な大きさに切ります。
In a mixing bowl, I added 1/3 fresh wakame and 3 sliced cucumbers.
ボールに、生わかめの1/3ときゅうりを3本、スライスして入れました。
Then, I asked my father to season them with sugar and vinegar. I was surprised to see the generous amounts of sugar and vinegar he added to the bowl.
それから、砂糖とお酢で味付けするよう父に頼みました。ボールに砂糖とお酢をたっぷり入れたので、驚きました。

Leftovers:
残り:
Well, way too sweet for my taste.
私にとっては甘すぎです。

Images of wakame cucumber sunomono/わかめ きゅうり 酢の物の画像

March 11, 2017

Recipe for Special Curry/特別なカレーのレシピ

I have already talked about this recipe here in my blog. My parents like this special, lard-rich curry thickened with potatoes so much that I have decided to post the recipe.
このレシピはすでにこのブログのここで述べましたが、両親とも、この特別な、ラードたっぷりで、ジャガイモでとろみをつけたカレーが大好きなので、レシピを書くことにしました。
 
Ingredients:
3 onions
1 medium carrot
3 potatoes
1/2 Java Curry AND
1/2 Vermont Curry
700 ml water (not 1,300 or 1,400 ml)
300 g thinly sliced pork
材料:
玉ねぎ 3個
ニンジン(人参、にんじん) Mサイズ 1本
ジャガイモ 3個
ジャワカレー 1/2箱
バーモントカレー 1/2箱
水 700 ml(1,300や1,400 mlではなく)
薄切りの豚肉 300 g
 
Directions:
1. In a pot, put 700 ml water. Put the pot on the stove and turn on the heat.
2. Cut carrot and add it to the pot.
3. Cut onions and add them to the pot.
作り方:
1. 鍋に水を700 ml入れ、コンロにかけ、火を点ける。
2. ニンジンを切り、鍋に入れる。
3. 玉ねぎを切り、鍋に入れる。 
4. Peel potatoes, dice, and add to the pot.
4. じゃがいもの皮をむき、さいの目に切り、鍋に入れる。
5. When the pot comes to a boil, turn down the heat.
6. In 5 minutes, add pork.
7. Simmer for another 5 minutes (5 + 5 = 10 minutes in total).
5. 沸騰したら、火を弱める。
6. 5分後、豚肉を入れる。
7. さらに5分(合計5 + 5 = 10分)煮る。




8. Turn off the heat. Mash part or all of the potatoes with the back of the ladle.
8. 火を止め、お玉の裏側でジャガイモを一部または全部、潰す。
9. Add 2 types of curry roux.
9. 2種類のカレールーを入れる。
10. Turn on the heat to low, and mix the roux.
10. 火を点けて、弱火にして、ルーを混ぜる。

March 8, 2017

Decent Drip Coffee/まともなドリップコーヒー

I've been staying at my parents' house for more than four months now, and one of the things I miss is a cup of coffee that I used to brew from freshly ground coffee beans almost every day.
Yesterday, I went shopping and found this product.
実家に住み始めてからもう四か月以上経ちます。恋しい物の一つは、ほぼ毎日挽き立てのコーヒー豆で淹れていた一杯のコーヒーです。
昨日、買い物に行き、この商品を見つけました。
 
 "19 yen per cup..., I might as well give it a try," I thought. This is not the first time that I have tried such a product. I know that it can produce passable coffee. 
「1杯19円か...。試してみようか...」と思いました。このような商品を試すのは初めてではありません。そこそこのコーヒーができるのは分かっています。


Just tear off the top of a bag, and place the bag inside a mug.
袋の上の部分を切り取って、カップにセットします。
Pour a small amount of hot water for blooming, leave for 20 seconds or so, and pour the rest of the water.
蒸らすためお湯を少量注ぎ、20秒ほど待ってから、残りのお湯を注ぎます。

The resultant coffee was not bad. In fact, it was quite good!
出来上がったコーヒーはまずくはなかったです。とても美味しかったです!
 
Note that such products have been around for decades, and are nothing to write home about. I would not write about them if I had not viewed YouTube videos such as this and this.
このような製品は何十年も前からあるもので、特に珍しいものではありません。これこれなどのYouTubeのビデオを見ていなければ、このような製品について書こうとは思いませんでした。
 

March 7, 2017

Champon/ちゃんぽん

This year, my father was lucky enough to win second prize with a New Year's greeting card with a lottery number. With the 39 different products to choose from, he selected this one:
今年は、父は運よく、お年玉付き年賀状で二等賞を当てました。39種類の製品の中から、これを選びました。
 
10 sevings of champon
ちゃんぽん10人分です。



According to the instructions, I first boiled the dried champon noodles for 3 minutes.
説明書通り、まずはちゃんぽんの麺を3分、茹でました。
I then rinsed the noodles with water and drained.
そして、水で洗い、水を切りました。
In a fyring pan, I put the supplied oil and added
1/4 head of cabbage
1 bag of bean sprouts
1/4 large carrot
2 chikuwa (tubular fish paste, in place of kamaboko)
200 g seafood
Some pork
フライパンに、添付された油を敷き、
キャベツ1/4個
もやし1袋
大きなニンジン1/4本
ちくわ2本
シーフード200 g
豚肉
を入れました。
In a pot, I put 300 ml x 4 = 1,200 ml water and 4 packets of broth. When the ingredients in the frying pan were done, I added them to the pot.
鍋に、水を300 ml x 4 = 1,200 ml入れ、スープを4袋入れました。フライパンの中の具に火が通ったら、鍋に入れました。
I also added the boiled noodles to the pot.
茹でた麺も鍋に入れました。
I simmered the pot for 2-3 minutes.
2、3分煮ました。
Sorry, no photo of the final dish. I refrained from taking a photo.
すみませんが、できた料理の写真はありません。写真を撮るのは控えました。
 
 
My parents said the champon was very delicious. I also found it very delicious.
両親はとても美味しいと言っていました。私もとても美味しいと思いました。

February 28, 2017

Making Seri Gohan with Cultivated Seri and Cultivating Seri from Roots/栽培のセリでセリご飯を作り、根っこでセリを栽培

Yesterday, my father bought three bunches of cultivated seri.
昨日、父が栽培のセリを三束買ってきました。

My father wanted to cultivate seri from the roots, so I cut off the roots, with about 5 cm of the stems attached, and
父は、根っこからセリを栽培したいと言うので、根っこを、茎を5 cm程度付けて、切り取り、
put the roots in a container full of water.
根っこを水の入った容器に入れました。
I am now fully convinced that cultivated seri should NOT be parboiled to make seri gohan, unlike wild seri. The reason is simple: Cultivated seri has much less "aku" (harshness) than the wild, and need not be parboil. Besides, you will lose much of its flavor if you parboil it first.
セリご飯を作る際は、野生のセリと異なり、栽培のセリは茹でるべきではないと確信しています。理由は簡単です。栽培のセリは野生のセリよりずっと灰汁(あく、アク)が少なく、必要はないからです。それに茹でると風味がかなりなくなってしまいます。

So, I simply cut the seri into 2-3 cm lengths, rinsed with water, drained, and put it in a frying pan with some oil. I put on the lid, and heated it for 3-4 minutes. I used salad oil, not sesame seed oil.
というわけで、セリを単に2、3センチに長さに切り、水で洗い、水を切り、少し油を敷いたフライパンに入れ、3、4分加熱しました。 油はごま油ではなく、サラダ油を使いました。
(Last time I made seri gohan, I used sesame seed oil, but my father said he preferred salad oil.)
(この前にセリご飯を作った時は、ごま油を使いましたが、父はサラダ油のほうが好きだそうです。)
Then, I added leftover rice.
次に残りごはんを入れました。
I should have microwaved the rice first.
ご飯をまず電子レンジで加熱しておくべきでした。

I added some salt and some soy sauce.
塩を少し、しょう油も少し入れました。
Done!
完成です!

My father planted the roots in a plot later.
父は後で、根っこを植えました。

This is the second time he has planted seri roots. The first roots have grown only slightly.
セリの根っこを植えるのはこれで二回目です。最初のはほんの少し伸びただけです。

February 22, 2017

Okonomiyaki/お好み焼き

I had planned to make some okonomiyaki for supper to use some of the yam and one of the three packs of small shrimp that were already past their expiration date. Yesterday, I finally got around to doing it.
山芋の一部と、すでに賞味期限が切れている3袋の小エビのうち1袋を使うためお好み焼きを夕飯に作ろうと計画を立てていました。昨日、やっと作ることができました。
 
In a mixing ball, combine:
1/4 head of medium cabbage
2 eggs
1 pack of small shrimp
EDITED TO ADD: I also added 1 tsp instant dashi, and forgot all about it, until chibimoni (see the comment section below) mentioned about dashi.
ボールに、
中くらいの大きさのキャベツ1/4個
卵2個
小エビ1袋
を入れます。
追記: 出汁の素も小さじ1杯入れましたが、そのことを忘れていました。chibimoniさん(コメント欄参照)が出汁のことを言ってくれたので、思い出しました。
Peel yam.
山芋の皮をむきます。

Grate it.
おろします。
I need to use up the other two packs pretty soon!
残りの二袋(ふたふくろ)もすぐに使い切らないと!

Mix all ingredients, add and mix cake flour first and then water to achieve an appropriate texture. I prefer a light, fluffy texture, which is achieved by more cabbage, more grated yam, and less flour.
材料をすべて混ぜ、 薄力粉をまず入れて混ぜ、次に水を入れて混ぜて、適当な硬さにします。私としては、キャベツ多め、山芋多め、薄力粉少なめにして、軽くてフワフワな食感が好きです。
Put some oil in a frying pan, and add some dough to it. Cover the pan and heat over low heat for around 4 minutes.
フライパンに油を入れ、生地の一部を入れます。ふたをして、4分程度弱火で焼きます。
4 minutes or so later.
およそ4分後。
Flip it.
ひっくり返します。
As usual, I used a large plate to flip it: Slide the okonomiyaki onto the plate, and return it to the pan upside down. Heat for another 2-3 minutes, with the lid on, until done.
いつも通り、ひっくり返すのに大きなお皿を使いました:お好み焼きをお皿に滑らせて載せ、上下逆さにフライパンに戻します。ふたをして、火が通るまでさらに2、3分加熱します。

Toppings:
Chuunou souce (instead of okonomiyaki source), mayonnaise, beni shoga (red vinegared ginger), katsuobushi (dried bonito shavings), and ao nori (a type of seaweed).
トッピング:
中濃ソース(お好み焼きソースの代わり)、マヨネーズ、紅生姜、鰹節、青のり

Sorry, no photo of the finished product!
すみませんが、完成品の写真は